2017年8月18日金曜日

こんなことがあった

お国の基で仕事をしている方々の電話対応でこんなことがあったので念のため期しておく。以前パスポートの申請写真の件で担当の認識違いの記事を書いたことがある。

参考ここ

今日はお金に絡むことを経験した。

実はかみさんが亡くなって遺産相続のことでその申請について

遺産相続は、被相続人が亡くなったっ場合その申請が必要なのだが、相続金額によっては申請の必要がない場合がある。

国税庁のホームページがある(相続税)

ここで最もといえる基本が相続人の特定(相続する人の範囲対象である)
この対象の解説ページは 下記 にある

No.4132 相続人の範囲と法定相続分

相続人がどのような家族関係にあるのかを特定している。

1)被相続人(亡くなった人)と相続人の関係
  配偶者がいる場合は配偶者が相続人になる。以下に該当する場合は以下も含まれる。
  ②被相続人に子供がいるか?
  ③被相続人の両親がいるか? ②がいない場合は該当
  ④相続人に兄弟姉妹がいるか? ②③がいない場合は該当

  結果として被相続にに子供がいなくて、両親も亡くなっている場合は、兄弟姉妹と配偶者が相続人になる。(民法)

ところが今日話した国税庁の職員は、相続人は被相続人の兄弟は関係なく、配偶者のみとなるとの説明があった。 明らかに No.4132 相続人の範囲と法定相続分と異なる。(誤り)

再度電話をして指摘したら、違う職員だったが誤っていたことが確認された。
(下記の相続税の申告要否判定コーナーで上記相続人を特定する質問形式のチャートが出てくるのでここで確認できた。)

相続金額の課税対象金額の控除金額
 ①3000万円
②相続人は、配偶者+被相続人の兄弟人数(500万円×
配偶者+被相続人の兄弟人数)
  兄弟が3人いれば基礎控除:3000万円 と 600万円×相続人数(4名):2400万円
 で5400万円となる。
 ③生命保険が1000万円あった場合でも基礎控除金額が(500万円×相続人数)となるため、相続税対象金額が2000万円となりなしとなる。

自分で申請の要否を確認できるページがある。
興味のある方は一度ご覧になってはいかがでしょうか。

国税庁ホームページ  トップページの 右側に 相続税・贈与税特集 のバナーがある。

「相続税の申告要否判定コーナー」


尚、税務署からは相続税申告に関するお知らせが郵送されてきた。
申告が必要な場合、被相続人が亡くなってから10か月以内に申請しなければならない。





 




2017年6月24日土曜日

ミラーレス Lマウント 沈胴レンズを使う

ミラーレス いろんなレンズをくっつける

今回はこれ Lマウント しかも沈胴タイプのちっちゃなレンズ 110グラム


クラシカルそのもの!! 本家ライカのレンズは置いといて こちらはロシアレンズ

   FED 3.5/50 Collapsible Lens



それに角型フードをくっつける

今週出かけたときに ジャンク屋台の中から見つけたフード 当日このレンズ持参しなかったのでくっつくかどうかは不明だったのだが
なんとピッタリじゃないですか。

ネットで調べたら
 マミヤ35のカメラがありその付属 レンズの総金属製レンズフードのようだ

ただしこのレンズだとピント合わせでレンズそのものが回転するため取り付けたフードも一緒に回る。
ピント合わせの都度フードもセットしなおさなくてはならない。
こういう手間ものんびり撮影ということで余裕ですわ 撮影も!!(苦笑)

でも実際は絞り解放で使うので、その心配もないかもね

このレンズで注意すべきことが二つある。
一つ目 これ重大:沈胴したときに 撮像素子(CCD)にぶつかり 傷をつけてしまうかも
この辺りは自己責任ですぞ!!

このレンズを初めて使うときは、緊張します 沈胴した時? ピントはどうやって合わせる時の操作?、そして絞りの設定? 

姿形からも 写す楽しみ  操作する楽しみ レンズ本体を眺める楽しみ(笑)

では撮影サンプル

やはり周囲が回ってます 光ボケが楕円形ですね
もっと陽射しがあってキラキラしてると顕著に出るんでしょうね グルグルが

もう一枚

おまけ


 


 このレンズの使用上の注意点

その1 : マウントアダプターにピント操作のレバーピンが当たる
下の写真のピントレバーの構造によっては、矢印の位置にでっぱりがありマウントアダプターに当たって無限にピントが合わない場合があるので要注意
私の場合もでっぱりがあり(たぶんFEDの初期タイプ)レンズ交換してもらった。











その2:沈胴した場合マウントアダプター面から出っ張り(カメラ本体側にでっぱり)が起こる。
これによりカメラ本体のCCDに当たればカメラがオシャカニなるので最も注意が必要
ネットなどであらかじめ調べる必要がある。今回は取り付けてあるので壊れていない。

おまけ  ピント合わせはここのレバーを回す無限ではロックされているのでちょっと固め


ピントの回転でのピント距離はここでわかる
ただα7Ⅱの場合はピント合わせのピーキング表示を設定すればピント合わせの確認が簡単にできる。


持ち運ぶときなど無限にセットすれば絞りリングが動かない
①のレバーを手前にカチッとはまるまで回すその時のピントは③の∞の位置になる
ちなみにこのレンズのピント一は②のくぼみで表している(上の写真のピント位置)

せいぜい楽しんでください

2017年6月22日木曜日

遅れに遅れて ミラーレスカメラがきました

中古レンズが亡くなっちゃう!!
そんな衝撃を残した  ミラーレス SONY α7  フルサイズのカメラ


中古レンズ市場が大きく動いたことは確かです。
M42のOLDレンズを購入し始めたのが、2006.02月
当時はオリンパスとアダプターで使用しているか、cannonもいたなぁ~~~
HELIOS-40-2 1.5/85もまだ三万円弱
Meyer-Optik Gorlitz Trioplan 2.8/100も一万円そこそこくらいだった。
それが今では、それぞれ6万円弱、10万円弱いやはやなんという・・・・
2017・04・07に
出遅れること、はなはだしいがようやく手元に  

α7Ⅱ これで OLDレンズの利用環境が格段に増えた ますますレンズ沼へ
アダプターもどんどん必要になるのだが、中国製が幅を利かし精度も上がってきたし、価格も下がってきた。
楽しめます。    しばらくはLマウント ロシアレンズだね
今日はM42レンズですが
その雄姿を撮ってみた(笑)

M42ヘリコイドアダプターに  Meyer - Optik Görlitz   Primoplan 1.9/58  をくっつけた  



今度はレンズフードを角型をくっつけてみた このフード500円でした


こんな楽しみ方もある oldレンズとジャンクフード(レンズ保護にもなるよん)

サンプル画像
 α7Ⅱ Meyer - Optik Görlitz   Primoplan 1.9/58


2017年1月31日火曜日

実に久々 

カメラも手にしなかったここ1年間。

漸く毎日一万歩散歩を目指して歩いています。その時持参するお伴がデジカメなのです。

そのお友達カメラがそろそろ寿命なので、デジカメを新調することにした。
だいぶ撮影しましたからね。 部品もすべて交換した感じです。
何回シャッターおしたかな? と調べてみたら 何と6万枚以上だと・・・・?


片手で持てて、簡単にパシャパシャできるものを物色。
もともと持っていた、sony  DSC-HX5 と同じ流れの DSC-HX60V にした。
2014.02の発売なので3年前近くになるので、購入価格も落ち着いているので、諭吉君3枚以下でゲットできた。

DSC-HX5は 2010.11ゲットなので取得期間6年以上の期間がある。
3年前の発売といっても、その機能たるや驚くほど多い。

DSC-HX5はX10 だが DSC-HX60VはX30となる。
広角25mmから望遠250mm  だったものが  広角24mmから望遠720mm の光学ズームデジタルズームもあるので120倍までゆけるとか。 画質は?がつくけど。

重量 203グラム から 275グラム (実測値 SDメモリー 電池 ストラップ込み)

一回りデカい  レンズもデカいね


ここでのポイントは動画撮影ONのボタンの位置 中心に赤い点のボタン
これがどうもいただけない。間違って押してしまう位置なのだ。60Vの位置は最悪。
片手でもって操作するとついつい押してしまう。

正面から見るとあまり大きな差が見えないけど



電源ONの状態で飛び出す大きさデカい。 これだけいかつい感じが出る 


望遠側になるとこれだけ違う。250mm 720mmの違い。
ズーム最大時のレンズの出っ張りが半端ない。X10 と X30の違いがくっきり。



 バッテリーは随分と小さくなった。


HX5はGPSの方位迄記録できたのだが、HX60VはGPSだけになった。

HX5  :10.2MEGA PIXELS  発売2010.03.05
HX60V:20.4MEGA PIXELS  発売2014.03.07

発売時期で4年の間隔があります。
今回の購入は、HX60Vの発売からはや3年が経過しています。
カメラの性能的には高くなっています。

付属品が相当にコストダウンしています。
バッテリーの充電器がUSB本体接続になってしまいました。
スマホやタブレットの充電方式と考えれば当たり前なのでしょうが、今まで予備のバッテリーは充電器にセットして行っていたのでちょっと違和感がある。

撮影した画像は、USBケーブル接続でPCへ転送または、SDメモリーカードを抜き取ってPCへ接続して行っていた。
今度のHX60Vは、Wi-Fi接続でPCへ

これもスマホなどの流れがあるんだろうね。 デジカメの取り扱い方が大きく変わってしまった。
画像にかかわる機能も大幅に増加。
マニュアル読まないと解らないことも多い。
ピクチャーエフェクトなるものも入っているし。


**2017.02.04**
撮影画像の保存手段
1)メモリーカードをPCに接続し取り込み
  その都度メモリーカードを外さないとならない。
2)カメラボディをUSBケーブルに接続しPCに取り込み
  ケーブルをその都度接続しなければならない。
3)カメラをWi-Hiに接続し、PCに取り込み
  カメラメニューから取り込み操作をするだけ

今回3)Wi-Hi接続し取り込む方法で取り込んでいるがこれが一番物理的にコネクターなどの接続をしないで済むのでその部品トラブルが少なくて済むなどと思い込んでいる。
がしかし、電池の充電はどうするのといわれるとつらい。USBコネクターを使うからである。
このカメラの付属品には、充電器が同梱されていない。

アクセサリーで購入すると電池一個込みではあるが、定価で一万円近いし、価格COMで最安値7000円くらいする。

予備のバッテリーはカメラオーダーと同時に、AMAZONで購入していたので、いまさら購入するのもなどと
つづく